トップページ > 今月の一冊 > 2013年05月の一冊

『子どもとアート』

定価:1995円(税込)
出版社:小学館

2013.05.01

『子どもとアート』

 本書は、子どもの造形活動に関わる保育園や幼稚園の先生向けにまとめられたガイドブックです。子どもの感性や思いを感知して、それを造形活動に反映するためのノウハウやアプローチのしかたを紹介しています。
 子どもの表現と造形活動を研究している、椙山女学園大学の磯部錦司教授に協力を仰ぎ、子どもが生活していくなかでの感動をもとにした、造形活動を行っている全国各地の園や団体の実践例が多数紹介されていて、わくわくするような子どもの様子や作品が多数登場します。
 子どもが表現をする際にはどのようにサポートをしたらいいのか、どんな材料を用意して、どんなタイミングで言葉かけをしたらいいのかが、より具体的にわかります。
 けれども、この本は、子どもといっしょに楽しく絵を描いてみたいとか、一生懸命何かをしている子どもにうまく言葉をかけてあげたいけれど、どうしたらいいのか悩んでいる、一般のお父さんやお母さん方が読んでも、とても参考になります。なぜなら、本書には親子で楽しく遊ぶためのヒントがたくさんちりばめられているからです。
 本の中で紹介された造形活動は実際に体験しなくても、本書を読み進めていくうちに、子育てで大事なことが何なのかも気づかされると思います。
 たとえば、子どもがしていることには必ず意味があること。子どものしていることに結果を求めないこと。そして、子どもといっしょに喜んだり、悲しんだりしながら、共感し、子どもとの時間を楽しむことなど......。
 少し、難しく解説してしまいましたが、まずは単純に、本を見て楽しんでみてください。子どもたちの生き生きとした表情や、おもしろい作品を見るだけで心がはずんでくると思います。
 本の中でも紹介している、京都造形芸術大学にある「こども芸術大学」の保育の様子を収録した付属のDVDも必見。子どもたちが自然を大事にした生活のなかで、大人といっしょに作品を作り出す様子が、ほのぼのとした映像でつづられています。

文:山津京子

お問い合わせ:小学館 03-3230-5686(編集)03-5281-3555(販売)

ご購入はこちらから
  • おたのしみコンテンツ


    • -新連載-育児4コマ

    • ママの子育て奮闘記!

    • 楽しいFlashゲームが遊べるよ!
      DSゲームの体験もできます

    • お子さまの成長をうながしながら
      楽しく遊べるあそびを紹介します

    • 小学館がオススメのにんきもの
      キャラクターページを紹介します
  • バナー集


    • 子ども・保育者向情報総合サイト

    • ママ&キッズのファッション

    • 0-5歳児の保育総合保育誌

    • でこぼこフレンズ公式サイト。

    • 総合学習教室
      "小学館アカデミー"
      ホームページ。

    • 幼児教室"ドラキッズ"の
      ホームページ。

    • 小学館の商品を買える
      オンラインショップ

    • 楽しく学べる教育・保育アプリ
      エデュプリ

    • 小学館の幼児向け通信添削学習
      「ぷちドラゼミ」