トップページ > 今月の一冊 > 2013年07月の一冊

『ぼくは ねんちょうさん』

定価:1470円(税込)
出版社:小学館

2013.07.01

『ぼくは ねんちょうさん』

 乳幼児期の成長は目まぐるしいものがありますが、それは園児になってからもいっしょ。入園したばかりの年少さん時代から、年中、年長とどんどん成長していきます。
 この本は、園児と児童のちょうど境目にいる「ねんちょうさん」が、毎日の生活のなかでの気持ちをユーモラスに描いた絵本です。
 社会性や自主性が育ち始め、自分以外の他人との関係性がかなりわかるようになるなかで、お母さんをはじめとする大人からはまだ子ども扱いされ、ちょっぴり納得のいかないときもしばしば。でも、毎日、楽しく前向きに園生活を送る年長児の日々が描かれています。
 作者は「おてて絵本」でもおなじみ、自らも3児の父親であるサトシンさん。その物語が、絵本創作をはじめ、イラスト、漫画制作、個展と、多彩なクリエイティブ活動を展開する田中六大さん(1児の父)の、ユニークで温かな絵で表現されています。
 同じ年頃のお子さんを持つお母さんなら、「あるある!」と思わず微笑んでしまうエピソードがいっぱい。ぜひ旬を逃さず、親子で読んでいただきたい一冊です。

文:山津京子

お問い合わせ:小学館 03-3230-5628(編集)03-5281-3555(販売)

ご購入はこちらから
  • おたのしみコンテンツ


    • -新連載-育児4コマ

    • ママの子育て奮闘記!

    • 楽しいFlashゲームが遊べるよ!
      DSゲームの体験もできます

    • お子さまの成長をうながしながら
      楽しく遊べるあそびを紹介します

    • 小学館がオススメのにんきもの
      キャラクターページを紹介します
  • バナー集


    • 子ども・保育者向情報総合サイト

    • ママ&キッズのファッション

    • 0-5歳児の保育総合保育誌

    • でこぼこフレンズ公式サイト。

    • 総合学習教室
      "小学館アカデミー"
      ホームページ。

    • 幼児教室"ドラキッズ"の
      ホームページ。

    • 小学館の商品を買える
      オンラインショップ

    • 楽しく学べる教育・保育アプリ
      エデュプリ

    • 小学館の幼児向け通信添削学習
      「ぷちドラゼミ」