トップページ > 今月の一冊 > 2014年02月の一冊

『わが子に伝える「話し方」の技術』

定価:1470円(税込)
出版社:小学館

2014.02.01

『わが子に伝える「話し方」の技術』

 経団連の「新卒採用に関する調査」(2012年4月入社対象)によると、企業が新卒の若者にいちばん求めているのは「コミュニケーション能力」です。そして、企業が求めるこの能力は、9年間連続で1位となっているそうです。なぜなら、近年、勉強はできるけれど、コミュニケーションを苦手とする若い人が増えているからだそう。
 この本は、その大事なコミュニケーション能力が身につく子育ての方法を、具体的な事例を挙げながらリアルに解説しています。
 「挨拶」の大事な意味、子どもとの「話し合いの場」の持ち方、子どもの「ほめ方」「叱り方」など、子育てをしているお母さんが日ごろ悩みがちな問題を交えながら、親子の会話の仕方や考え方を教えてくれます。
 著者は、話し方研究所会長の福田健さん。コミュニケーションを「相手を認識し、理解し、尊重するプロセス」と捉え、話し方や聞き方の研究・指導を精力的に行なっています。長年、各企業や官公庁での講演や著作活動をしてきている福田さんは、母親の「会話センス」で子どもは9割変わると言いきります。
 育児に悩んでいるお母さんは、この機会にぜひ一度読んでみてください。「会話センス」がアップすると、お子さんだけでなく、お母さん自身のコミュニケーション能力が上がり、子育てだけでなく、毎日の生活が楽しくなると思います。

文:山津京子

お問い合わせ:小学館 03-3230-5966(編集) 03-5281-3555(販売)

ご購入はこちらから
  • おたのしみコンテンツ


    • 育児4コマ

    • 楽しいFlashゲームが遊べるよ!
      DSゲームの体験もできます

    • お子さまの成長をうながしながら
      楽しく遊べるあそびを紹介します
  • バナー集


    • 子ども・保育者向情報総合サイト

    • ママ&キッズのファッション

    • “楽習” たのしく・あそぶ・まなぶ子育て応援サイト

    • 総合学習教室
      "小学館アカデミー"
      ホームページ。

    • 幼児教室"ドラキッズ"の
      ホームページ。

    • 小学館の商品を買える
      オンラインショップ

    • 小学館の幼児向け通信添削学習
      「ぷちドラゼミ」