トップページ > DAKKOニュースウィークリー > 2015.06.26

DAKKO ニュースウィークリー

ウォーターサーバーでのやけどに注意

2015.06.26

 ウォーターサーバーによる0~6歳の乳幼児のやけどの事故の増加に対して、NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)は、去る4月23日に記者説明会を開催しました。
 それによると、ウォーターサーバーによる乳幼児のやけどの事故は、平成19年5月~平成25年12月までに全体で40件発生しており、近年、事故数が増加し、毎年10件以上発生しているとのこと。また、具体的には以下のような事故例が起こっています。
 ・乳幼児が蛇口を触っているときにチャイルドロックを解除してしまい、熱湯が出てやけどを負った。
 ・ウォーターサーバー設置時に蛇口が十分に締められておらず、乳幼児が蛇口を触った際に蛇口全体が回り、本体から外れて、熱湯が出てやけどを負った。
 ・ウォーターサーバーの蛇口には、レバー全体を上に引いても熱湯が出るものがあり、乳幼児が蛇口全体を上に引いたため、熱湯が出てやけどを負った。
 ・ウォーターサーバーのチャイルドロックを解除して使用したのちに、チャイルドロックボタンが元に戻らず、乳幼児が触った際に熱湯が出てやけどを負った。
 ウォーターサーバーは平成26年末には約340万台が普及しており、今後も事故の増加が懸念されます。NITEでは、その予防法として、サーバーの周りに柵などを設け乳幼児を近づけない、ロック解除の仕方を乳幼児に見せない、ロックが正常に作動するかを定期的に点検することなどを挙げています。サーバーが設置されているご家庭はぜひこの機会に安全確認をしてみましょう。事故の詳細や、対策については以下のサイトで確認できます。

【製安2015/04/23プレスリリース】ウォーターサーバーによる乳幼児のやけど事故の防止 | 製品安全 | 製品評価技術基盤機構

文:山津京子

  • おたのしみコンテンツ


    • 育児4コマ

    • 楽しいFlashゲームが遊べるよ!
      DSゲームの体験もできます

    • お子さまの成長をうながしながら
      楽しく遊べるあそびを紹介します
  • バナー集


    • 子ども・保育者向情報総合サイト

    • ママ&キッズのファッション

    • “楽習” たのしく・あそぶ・まなぶ子育て応援サイト

    • 総合学習教室
      "小学館アカデミー"
      ホームページ。

    • 幼児教室"ドラキッズ"の
      ホームページ。

    • 小学館の商品を買える
      オンラインショップ

    • 小学館の幼児向け通信添削学習
      「ぷちドラゼミ」