トップページ > DAKKOニュースウィークリー > 2015.10.02

DAKKO ニュースウィークリー

日本は子育てがしにくい国!?

2015.10.02

 教育玩具の輸入・開発・販売で知られる「ボーネルンド」が発表した調査によると、日本は子育てを温かく見守る環境が整っているとは言い難いという結果が出ました。
 これは、長子が幼稚園または保育園に通っている子育て中の母親412人と、子育て未経験、もしくは子育てを経験し子どもが成人済みの20~60代の男女620人の計1032人を対象に行った「現代の子育て環境や子どもがいる場面に対する意識」調査により判明したものです。
 それによると、子育て中の母親は、自分の周囲や日本社会が子育てに「寛容でない」と感じる人が約半数以上に上っており、ほぼ全員の9割もの母親が子どもとの外出には不安や不便を感じていることが判明。一方で、困っている親子を見かけたとき、子育て未経験・経験済みの人たちは、半数を超える人が「対応したことがない」と回答しました。
 さらに、調査で注目すべきは"子どもの発する音"に対する意識です。全体の6割以上が外出中に他人の子どもの声が気になったことがあり、それは公共の場でより高い傾向にあります。また、近所の幼稚園・保育園の建設に反対する理由にも、"子どもの音"が大きな原因となっています。子育て中の母親も、子育て未経験・経験済みの人たちとともに「子どもの声がうるさいから」というのが最多の回答となりました。
 悲しいのは「近所に幼稚園・保育園ができると決まった場合、どう思うか」という問いに対する回答です。子育て中の母親は「賛成」「どちらかといえば賛成」が6割を占める一方で、子育て未経験・経験済みの人たちはわずか3割にとどまりました。
 少子化対策に力を入れている日本ですが、この結果を見る限り、日本の未来を担う子どもたちが健やかに成長する環境にはほど遠いのが現状です。社会が子どもを育てる意識を持ち、子育て支援制度を充実させていくことが急務といえます。

ボーネルンド「子育て中の母親と子育て未経験・経験済み男女の子どもがいる環境に対する意識調査」
*PDFファイル

文:山津京子

  • おたのしみコンテンツ


    • -新連載-育児4コマ

    • ママの子育て奮闘記!

    • 楽しいFlashゲームが遊べるよ!
      DSゲームの体験もできます

    • お子さまの成長をうながしながら
      楽しく遊べるあそびを紹介します

    • 小学館がオススメのにんきもの
      キャラクターページを紹介します
  • バナー集


    • 子ども・保育者向情報総合サイト

    • ママ&キッズのファッション

    • 0-5歳児の保育総合保育誌

    • でこぼこフレンズ公式サイト。

    • 総合学習教室
      "小学館アカデミー"
      ホームページ。

    • 幼児教室"ドラキッズ"の
      ホームページ。

    • 小学館の商品を買える
      オンラインショップ

    • 楽しく学べる教育・保育アプリ
      エデュプリ

    • 小学館の幼児向け通信添削学習
      「ぷちドラゼミ」