トップページ > DAKKOニュースウィークリー > 2016.07.01

DAKKO ニュースウィークリー

「保活」がなければ、もう1人子どもがほしい夫婦は約6割!

2016.07.01

 2016年5月30日、生まれた子どもの保育施設を探す「保活」がなければ、もう1人子どもがほしいと感じている子育て世代は4割いることが、一般財団法人「1more Baby応援団」の調査で判明しました。
 同財団は理想の数だけ子どもを産める社会を実現するため、結婚・妊娠・出産・子育て支援に関する情報提供及びその実現に必要な事業を行い、将来の活力ある社会環境の維持・発展のために寄与することを目的に設立された財団です。
 今回のデータは、この財団による「夫婦の出産意識調査2016」により判明したもの。調査はインターネットを通じて、結婚14年以下の20~39歳の女性と20~49歳の男性を対象に行われ、そこから得た2958人の回答をまとめたデータとして公表されたものです。
 それによると、「保活」がなければもう1人子どもがほしいと感じているママは41.2%、パパは42.0%。また、同回答を「子どもが1人の家族」に絞って集計したところ、58.7%もの人が「保活」がなければ2人目を持ちたいと思っていることも判明しました。
 尤も2人目の壁を感じる原因はほかにもあり、もっとも大きな理由が「経済的な理由」(84.4%)。フルタイムママにおいては、「仕事上の理由」(58.3%)も高い数値となっています。
 同調査は2013年から行われており、今回は4回目となりますが、「子どもは2人以上が理想」と回答した既婚者は過去最高で81.1%にも上っています。
 政府は少子化対策を推し進めると強調していますが、この調査結果を見る限り、日本は子どもを産み、育てやすい社会とはまだまだ言えないようです。

一般財団法人1more Baby応援団「夫婦の出産意識調査 2016」

  • おたのしみコンテンツ


    • 育児4コマ

    • 楽しいFlashゲームが遊べるよ!
      DSゲームの体験もできます

    • お子さまの成長をうながしながら
      楽しく遊べるあそびを紹介します
  • バナー集


    • 子ども・保育者向情報総合サイト

    • ママ&キッズのファッション

    • “楽習” たのしく・あそぶ・まなぶ子育て応援サイト

    • 総合学習教室
      "小学館アカデミー"
      ホームページ。

    • 幼児教室"ドラキッズ"の
      ホームページ。

    • 小学館の商品を買える
      オンラインショップ

    • 小学館の幼児向け通信添削学習
      「ぷちドラゼミ」