トップページ > DAKKOニュースウィークリー > 2016.07.29

DAKKO ニュースウィークリー

抱っこやおんぶをしながらの調理に注意!

2016.07.29

 2016年6月2日、消費者庁の子ども安全メールによると、子どもを抱っこやおんぶしながら調理をしていて、子どもが火傷を負った事故情報が医療機関に寄せられており、注意を喚起しています。
 具体的な事故例としては、0歳児が「親が味噌汁を調理中に、おんぶされている子どもが後ろから手を入れてしまい、Ⅱ度熱傷したケース」や、「子どもを抱っこひもで抱っこしたまま調理中に、ガス台奥の壁に掛かっているフライ返しを取ろうと親が前かがみになったところ、フライパンの外側に子どもの手が当たってしまい、Ⅱ度熱傷したケース」などが紹介されています。
 子どもをおんぶしながらの調理では、子どもの動きを把握しにくく危険です。また、抱っこされた子どもは親よりもコンロや調理台に近いため、親の何気ない動きや、子どもの予期しない動きが、子どものケガや火傷につながります。抱っこやおんぶをしながらの調理は避け、やむを得ない場合は、親自身だけでなく子どもの動きや位置にも十分注意して調理をすることが必要です。

消費者庁「子ども安全メール」2016年6月2日

  • おたのしみコンテンツ


    • 育児4コマ

    • 楽しいFlashゲームが遊べるよ!
      DSゲームの体験もできます

    • お子さまの成長をうながしながら
      楽しく遊べるあそびを紹介します
  • バナー集


    • 子ども・保育者向情報総合サイト

    • ママ&キッズのファッション

    • “楽習” たのしく・あそぶ・まなぶ子育て応援サイト

    • 総合学習教室
      "小学館アカデミー"
      ホームページ。

    • 幼児教室"ドラキッズ"の
      ホームページ。

    • 小学館の商品を買える
      オンラインショップ

    • 小学館の幼児向け通信添削学習
      「ぷちドラゼミ」